わさびに関する情報が満載!

わさびの栽培方法について

わさびの栽培方法は2つあり、「(1)水わさび」は沢や川等の綺麗な浅瀬の流水で行う方法で根茎が大きくなりやすいため根茎を収穫したい場合に用い、「(2)畑わさび」は他の野菜同様に土で行う方法で根茎が大きくなりにくいため葉・花・茎を収穫したい場合に用いる方法です。
(1)の栽培方法はとにかく綺麗な水にこだわることで、落ち葉や埃や泥等を徹底的に取り除き、常に綺麗な水を一定水量流し続けることです。
水量が少ないと枯れやすいので注意が必要です。
収穫時期は明確な基準はありませんが、株から育てた場合は約数年ぐらいです。
根茎が大きくなったら収穫できます。
(2)の栽培方法は他の葉物野菜と同様ですが、「(植えつけ時の大きい葉の)摘葉」と「遮光」が必要です。
乾燥に弱いため、摘葉をしないと、葉から水分が出てしまいます。
直射日光にも弱いため、冬以外は遮光をしないと枯れてしまいます。
収穫時期は畑に植えてから数年後に花が咲いたあとに収穫します。

家庭菜園でわさび栽培?

さまざまな料理に重宝されるわさび。
特に世界で人気急上昇中の日本食では欠かせないのではないでしょうか。
あのツーンとした風味が鼻を抜ける辛味はたまりません。
辛いというイメージが強いですが、採れたてを素早くおろすと辛味だけではなく爽やかな味がはっきり味わえます。
今までしっかりとしたものを食べるには産地に行かなければならなかったのですが、最近、家庭菜園で栽培できるようになりました。
わさびはきれいな水が流れていたり、清流ではないと育たないというイメージがあるのではないでしょうか。
しかし、水道水だけで、育てるのに適した環境を砂利とポンプやプランターで作り上げることで栽培可能になりました。
一度新鮮なわさびを味わうと、虜になって、なくてはならなくなってしまいます。
水が流れていく栽培方法では見た目も美しくインテリアとして家やお店に置いておくことで風流を感じることができます。
そんな現代的な家庭菜園も良いのではないでしょうか。

pickup

ネックストラップの作成

http://www.neck-strap.jp/

2015/8/21 更新